黒目が大きいの基準はどのくらいで何が関係しているの?

カラコンをつけようと思うようになったきっかけの一つに黒目を大きくしたいからという理由でデビューする方もいます。

確かにカラコンを使えば黒目を大きくすることができますからね。

ところで、黒目の大きいの基準はどのくらいなのでしょうか。また、黒目大きい人と小さい人の違いは何が関係しているのでしょうか。

この点について確かめてみましょう。

黒目が大きいの基準

黒目が大きいと言われる人がいますが、実は黒目が大きい人と小さい人にはほとんど差がないと言われています。

日本人だとだいたい11mm~12mmが黒目の大きさの基準とされていますよ。

 

年齢や性別による違いもないので、赤ちゃんでもおじいちゃんでも黒目の大きさを測ってみるとほぼ同じ黒目の大きさということですね。

そうは言うものの、見た目では黒目の大きさは違って見えたりします。

 

だから黒目を大きくするカラコンを探していたりしますよね。

このモヤモヤを解決するには黒目にだけ目を向けるのではなく別の部分を気にかける必要があります。

ミセルD-ラインジェル

黒目を大きく見せたいならココに注目!

黒目を大きく見せたいのであれば、まぶたに注目する必要があります。

というのも、まぶたを開ける大きさが強いか弱いかによって黒目の大きさは変わってくるとされているのですね。

 

ですので、黒目の大きさはみんな同じくらいだとしても、まぶたを開ける筋肉が強い人は黒目が大きく見え、反対にまぶたを開ける筋肉が弱い人は黒目が小さく見えがちなのです。

カラコンを使っているのに黒目の大きさがあまり変わらないという方はもしかしたらカラコンに問題があるのではなく、自分のまぶたの方に原因があったのかもしれません。

 

カラコンの着色直径、黒目にあたる部分はブランドにもよりますが、12mm以上のものがほとんどですので、カラコンをつけているのに黒目が大きくならないというのは自分のまぶたの状態に目を向けてみると悩みを解消するきっかけを掴めるのではないでしょうか。

 

黒目を大きく見せるためにしたいこと

黒目を大きく見せたいのならまぶたの筋肉を鍛えることが一番の解決策と言えるでしょう。

 

YouTubeなどで目のエクササイズについて調べてみるとまぶたの筋肉の鍛え方を紹介している動画がたくさんありますので、参考にしてみるといいかもしれません。

二重に整形すれば手っ取り早いですが、失敗が怖いですし、費用もかかりますし、次の日に学校や会社に行って目が腫れていて、手術をしたのがバレてしまうことを考えるとなかなか手段としてはおすすめできないかもしれません。

 

もし面倒に感じるのなら少し時間はかかりますが、クセ付けをしてみるのもいい方法でしょう。

アイプチなどでも二重を作ることができて、目をぱっちりと大きく見せることができますが、毎日続けるとなると面倒ですよね。

 

そこで、二重になるクセ付けができるアイテムを使って憧れのパッチリ目を目指すのもいい方法だと思います。

まぶたのところにある脂肪を取り、肌の引き締め作用を促すアイテムがありますので、そういったものを活用して黒目を大きくするきっかけをつかんでみてください。

 

>>まるで整形級!自宅でカンタンふたえ矯正ならD-ラインジェル

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP