カラコンの個人輸入って何?代行って危険なの?

日本製と比べて海外製、特に韓国カラコンは種類が豊富なので、興味を持っている方は多いです。

韓国カラコンを手に入れようと思っている方の中には個人輸入というものを聞いたことがあるかもしれません。

カラコンの個人輸入はできるのか、また代行業者もいますが、危険なところはないのかなど気になる疑問を確認してみましょう。

カラコンの個人輸入とは?

そもそもカラコンの個人輸入とはどんなものなのか、イメージがわかない方もいると思います。

個人輸入とは海外のお店から直接購入して個人の元に直接送ってもらうこと。

 

日本の基準では承認されていない海外のコンタクトレンズは薬事法の規制によって国内で広告や販売を行うことができませんが、注文者本人の自己責任による使用に限っては、薬事法によって定められた数量以内のコンタクトレンズを海外から個人輸入することができます。

ですので、海外のカラコンを日本に住んでいながらも購入、使用することは可能なのですね。

 

ですが、個人輸入をするということは現地の言葉、英語や韓国語が理解できなければ自分一人ですべてを完結させるのはかなり大変になります。

そこで、個人輸入を代行してくれる業者があるのですが、輸入代行業者について少し詳しく知ってみましょう。

ザピエル

カラコンの輸入代行業者の危険性

海外のカラコンを使いたい時は輸入すれば使うことができますが、個人で直接注文するのはかなり大変です。

そこで、カラコンの輸入代行業者を利用すると簡単に注文することができます。

 

けれども、カラコンの輸入代行業者を利用する場合にも注意しなければならないことがあるのですね。

個人輸入をしている場合、きちんとしたサイトを運営している会社と違ってトラブルが起きやすいという危険性が高いです。

 

例えば注文がちゃんとできていなかったり、なかなか商品が届かなかったり、個人で行っているということは行動や活動に限界があるので、そのキャパシティを越えてしまった場合は対応してもらえません。

 

会社で運営しているところとは違い、その扱える量も少ないので、対応がどうしても雑になってしまうこともあります。

信頼関係があるのなら個人輸入を利用することには賛成ですが、あまり人脈や知識がない方が気軽に利用するのはおすすめできません。

 

海外製のカラコンを使いたいなら

どうしても海外製のカラコンを使いたい、使ってみたいという方はきちんとした通販サイトを運営している販売店で注文するようにしましょう。

個人と比べて販売されている商品が限られているというデメリットはありますが、正規で販売しているので安心感が違います。

 

それに、商品が限られているといってもそれなりに種類は豊富ですし、日本ではあまりないデザインやカラーのものを見つけることができるので、個人輸入にこだわらなくても代理店で注文するのはおすすめですよ。

 

例えば、以前このブログでも紹介したザピエルは韓国カラコンを日本で正規販売している通販サイトなのですが、人気が高く、使用ルールをきちんと守れば安心して使うこともできます。

韓国カラコンに関してならザピエルで販売しているもので十分楽しめると思いますので、通販サイトを確認してみてください。

 

>>韓国カラコン通販サイト:ザピエル公式サイトはコチラ

 

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP